end


2014年3月23日(日) 第1回
場所:大和市勤労福祉会館  時間:9:00~21:00
http://www.city.yamato.lg.jp/web/sangyo/kinpuku02.html
9:00~12:00 茶室(定員18名)
12:00~17:00 茶室・和室(定員18名+12名)
17:00~21:00 中会議室(定員30名)

募集人数:最大30人
参加費:300円

mixi : http://mixi.jp/view_event.pl?comm_id=6183448&id=75707284
TwiPla: http://twipla.jp/events/80341


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


第一回「杏談亭」終了致しました。

TwiPla、mixiからの予約で29名。
当日参加5名(うち2名は子供)で総勢34名の御参加となりました。


午前中は茶室。6畳間2つで間の襖を取り外して、長机を5つ設置しました。
当初は2つずつ合わせて設置予定でしたが、思ったよりも場所を取るので単独設置にしました。
特に見ていて問題はなさそうでしたが、机が狭かったという人は教えてください。

テーブルクロスを2卓に設置しましたが、やはり100均のものは質が悪いですね…。
お金に余裕があったらきちんとしたものを買おうかと。

人数は18人でちょうどよかったかと。

午後から和室を増やして、こちらは2つ合わせて設置で2卓用意しました。
階が違うので多少不便でしたが、大きな問題はなかったと思います。

16:30からは一体感を出すために中会議室のみになっていました。(それ以前は埋まっていたので)
しかし、当日部屋を見てみたところ、思ったよりも部屋が狭く、30人超を収容するには厳しかったです。
一旦茶室を引き上げて移動しましたが、途中で見切りをつけて再度茶室を取り直しました。
時間的に借りられる時間を過ぎていたので施設の方にはご迷惑をおかけしてしまいました。
また、茶室の片づけをしていただいた人にはお手数おかけしてしまってすみませんでした。

中会議室では机を2つ合わせて卓を作り、4卓を設置。
残り机5つを荷物置き場にしました。
当初はこの部屋で6卓設置予定でしたが、荷物置き場を完全に考えていなかったですね。
茶室は窓際にスペースがあったのでそちらをゲーム置き場に使えてよかったです。
廊下があったのでそちらを荷物置き場にできましたし。

なので今後は中会議室を基本とし、人数が18名を超えるようであれば追加で茶室を、埋まっていれば和室か小会議室を取ろうと思います。
もし中会議室より茶室メインがいい人がいたら言ってください。実はそちらの方が取りやすいですw。

収支を書きますと、
32名×300円で9600円。(今回お子様は無料に致しました)
部屋の使用料が、
茶室 300円×8時間 + 400円×4時間=4000円
和室 200円×6時間=1200円
中会議室 400円×5時間=2000円
で合計7200円。
ジュースとお菓子代で1200円ほどだったので計8400円でした。
部屋を増やしたことでいい感じになりましたね。差分は備品代として納めておきます。
なお、次回からは書きませんのでw。

ちなみにその気になれば135人入るホールを借りれますが部屋代は4倍になりますw。
まぁミスボドほどの集客になるので使うことはないでしょうw。

21時閉会で撤収を20:45に開始しましたが、一番荷物の多い自分が片付けが間に合わなくて会場の片づけを参加者の皆様に任せてしまう非常に申し訳ない結果に・・・。
今後は自分の荷物だけは先に片づけを始めようと思います。失礼しました。

二次会は会場から徒歩3分のバーミヤンで行いました。参加者は9名でした。
ボードゲームに造詣の深い面子が集まったので古参であるRaelさんのボードゲーム業界やその遍歴の話などに非常に興味を持って、全員で聞き入っていました。毎度毎度これを聞くのが楽しくて楽しくてw。
また、Xeilさんから色覚障害の話を聞き、そのシミュレーションアプリなどを通して色覚弱者の見え方を知ることができました。
参加者の中には同人ボードゲーム作者の方もいらっしゃったので、よい知識になったかもしれません。


また、気分を害されたらすみませんが、主催者としていくつか苦言を述べさせて頂きます。

・当日参加について
当日参加は受け付けていますが、定員を決めている関係上、部屋の状況を見てお断りすることがあるかもしれません。可能な限り善処は致しますが、ご了承下さい。
もし定員が埋まっていて参加を諦めた方がいましたら申し訳ございません。
部屋数や卓の調整もしますので、ご連絡いただければ善処いたします。
また当日、mixiから連絡をくださった方がいましたが、ゲーム中であったため返信が遅れてしまいました。
電話番号を記載しておきますので、今後は当日の連絡はそちらにお願いいたします。


・お子様のご参加について
今回は当日お子様連れでいらっしゃった方がいたのでその場で参加を受け付けましたが、
会の注意事項では「ゲームができない年齢のお子様のご同伴はご遠慮ください」としてありました。
過去形なのは、まだこの会が始まって間もなく、主催の意向が決まり切っていなかったからですが、
現在は削除致しました。なので基本的にはお子様連れで来て頂いても受付いたします。
以下はその一文の意図についてお話します。

これは例えば、お子様の世話でゲームの進行が滞り、他の参加者の方に迷惑がかかるのを避けるためです。
親御様が常に面倒を見て、一緒にゲームをしていただく分には構いません。
しかし、子供の世話はしなければいけないがそれでも重いゲームをしたいという方の気持ちも分かります。
事前にご相談くだされば、主催がお子様の相手をし、親御様にゲームをしていただく時間を作ることもできます。
子供だけで遊ばせておいて放置したり、他の参加者の方に子守を強いるようなことにならないようお願いいたします。
お子様とのゲームプレーは大概の参加者の方が求めて来て頂いてるゲームプレーとは違うものです。
どうしてもの場合は子守をして頂ける方の同伴や、休日託児所などをご利用頂けるようお願いいたします。
なお、大和市勤労福祉会館に託児所はございません。

会場にあるボードゲームは有志の方が持ち寄られたもので、貴重な品もあります。
そのため、ゲームを意識して丁寧に扱えない年齢のお子様にご遠慮して頂いている背景もあります。
また、基本的に低年齢のお子様連れでの参加を想定していないため、子供向けのゲームは持ち込まれない傾向にあります。
こちらも事前にご相談いただければいくつか持って行きますのでご相談ください。
今回は運よく、主催持参の「おばけキャッチ」「クラック」「赤ずきんは眠らない」「秀才コースゲームけいさん」、他の参加者様持参の「見つけてピカチュウ しっぽでバンバン!」があったのでそちらで遊んで頂けました。
今後もできるだけ低年齢でもプレー可能なゲームを持ち込むように致します。

お子様がまだ幼いと、連れてきたり、自身の参加を遠慮されている参加者の方もいます。
どうかご理解お願いいたします。



続きまして、当日の様子やプレーされていたゲームの写真です。
雰囲気の分かる会場全体の引き絵を取るのを忘れてしまいました…。

IMG_0869


入口の掲示です。こちらを参考にご来場ください。
マグネットでサークル名札を作ってもらえています。嬉しいです。

IMG_0870


立て看板を借りて入り口そばに設置致しました。
これで気になって覗きに来てくれる方がいればいいのですが。

BlogPaint


「コンチネンタルエクスプレス」
電車を集めるカードゲームです。
非常にシンプルなルールだと聞いております。

BlogPaint


「中世の建築士たち」
建築士を集めて建物を建てるカードゲーム。
ルールはシンプルだが悩ましく時間がかかるらしい。

IMG_0878


「交易王」
需要の高い商品を運んでいる商船にお金が入る、クニツィアのゲームです。
ちょっと前にヤフオクでびっくりする値段が付いていましたね。

BlogPaint


「王と枢機卿」
長らく絶版だった人気作ですが、最近国内から再販されました。
調布のあなのかんちょーさんのベストゲームとのことでプレーしてみたいものです。

IMG_0881


「コンコルディア」
ゲルツ作の長時間ゲーム。
手札を使っていってどこかで回収するカードを使うシステムがもどかしいです。
三人プレーなのでイタリアのマップですね。

IMG_0883


「オーレ」
数字だけでなく色にも強弱があり、色か数字どちらかが強いカードを出していくカードゲーム。
ただし、出せるカードがないとペナルティを受けるので下手にカードを使って手札を減らしてしまうのも考え物。
負けた人が次のカードの強弱をひっくり返せるシステムも秀逸。
最近のお気に入りです。

IMG_0884


「ザ・ボス」
背面から色の分かるカードを配りきり、手札から出しあいながら場に伏せられたカードを予測していくゲームです。
自分のみ中身を知っているカードの扱い方が大事です。

IMG_0886


「Qwixx」
サイコロを振って数字を埋めていくゲーム。
数字は左から右しか埋められず、一旦飛んでしまうと間にあった物はもう使えません。
ただし誰かが一番右を埋めてしまうと全員がその色を使えなくなるので待ちすぎてもいけません。

IMG_0887


「みーときゃっち」
同人作品のバッティングゲームのようです。
ルールが少々複雑なようですが、お子様でも覚えてプレーできていました。
バッティングゲームとしてはかなりの面白さらしいのでやってみたいです。

IMG_0888


「ダミー」
3のカードは3枚、5のカードは5枚場に出れば、出した人が獲得できます。
手札は3枚ですが、同じ数字を同時に出せるのがポイントです。

BlogPaint


「ガイスター」
いいお化けと悪いお化けを4体ずつ持ち、いいお化けを脱出させるか、悪いお化けを全部相手に取らせれば勝ち。
ただしお化けの見分けは自分側からしかできません。

IMG_0891


「村の人生」
ドイツ年間ゲーム大賞のエキスパート部門を受賞している長時間ゲーム。
ある村における生活と世代交代がテーマです。
苦労して育てた職人が死んでしまうのは点数は入るのですが、どこか寂しくなります。

BlogPaint


「マニラ」
デロンシュ作の川下りゲーム。
途中までルールを間違えていたようでプレーしなおしていましたw。

IMG_0894


「アグリコラ」
非常に人気のある農場ゲーム。
レクチャー戦でしたが、かなりの接戦だったようです。

IMG_0895


「アダムとイブ」
旧約聖書のアダムとイブをモチーフにした二人用ゲーム。
ドロッセルマイヤーズの同名ゲームとは違いますよ。

IMG_0896


「ラミィキューブ」
同じ数字の色違い、同じ色の連続数字を作り、手牌からタイルを出しつつ場を組み替える人気ゲーム。
複雑な組み換えにはかなり頭を使います。

IMG_0898


「七つの印」
最初に自分が勝つ色とその個数を予想するトリックテイキングゲーム。
それ以上は取りすぎてはいけないのが悩ましいです。

BlogPaint


「秀才コースゲームけいさん」
プレミアのついている昭和のレトロゲーム。
中央の玉が落ちるより早く、なおかつ他のプレイヤーよりは遅く、自分の玉を落とします。
お子様でも非常に盛り上がってプレーされていました。

IMG_0900


「ファブフィブ」
数字が書かれたカードを交換し、渡された状態よりも必ず大きい数字にして隣に渡すブラフゲーム。
実際に大きくできなくても大きく宣言をせねばならず、嘘だと思ったらダウトをかけましょう。

IMG_0902


「チャオチャオ」
振ったサイコロを自分だけ見てその数を進むすごろくゲーム。
嘘だと思ったらダウトをかけましょう。必ず嘘を吐く必要のある×の目があるのがミソです。
流石に1・2歳のお子様にはプレーできず、コマで遊んでいましたw。

BlogPaint


「赤ずきんは眠らない」
狼が誰か一人を襲い、その人が寝ていたら狼が、罠をしかけていたらその人が得点を取ります。
狼に襲われなかった人は反対に寝ていた時だけ得点を取ります。
狼以外のキャラクターの得点配分に差があるのと、前回の狼役が次のキャラクターを決めるのがポイント。

BlogPaint


「おばけキャッチ」
カードをめくり、色も形も一致するものがあればそのコマを、なければカードに色も形も描かれていない残りの一個を早い者勝ちで取ります。
女の子がかなり強かったです。前回藤沢でやったときに気に入って買ってもらって毎日やってるとのことw。
男の子は覚えかけで、一致するものは取れるようですが、一致しないものはまだ難しい様子。

BlogPaint


「バザール2」
シドサクソンのゲーム。のちにサマルカンドとしてリメイクされてます。
どんなゲームか気になります。

BlogPaint


「カラヤのスルタン」
途中で役職が交代する人狼系ゲームとのこと。
かなり面白いらしいのでやってみたいものです。人狼は苦手ですが。
11人がベストとのことでちょっと敷居が高いかな。

BlogPaint


「サンスーシ」
タイルを配置しながらあみだくじのようにコマを下まで移動させる宮廷ゲーム。
思ったよりも時間がかかってましたね。慣れれば30分くらいで終わると思います。

BlogPaint


「ナビゲーター」
ロンデルを用いたゲルツの代表作の航海ゲーム。
直前に取った行動によって次に取れる行動が変わるのがロンデルの悩ましさ。

IMG_0911


「テンペスト」
サンプラザ中野が考案した4人用オセロ。
サイコロで置く色が決まるファミリールールが熱いとのこと。

IMG_0915


「5本のキュウリ」
一番最後のラウンドで一番大きい数字を出した人が負ける変則トリックテイキング。
自分の手番では場に出ている数字以上のカードか手札の中で一番小さい数字を出します。
最近どこへ行ってもプレーされている人気作です。

IMG_0918


「エミッサリークライシス」
最近やっと日本語版が発売された台湾の正体隠匿カードゲーム。
シャドウハンターズが好きな人には絶対におススメです。
ちょっとカードの種類が多いので最初は苦労するかも。

BlogPaint


「見つけてピカチュウ しっぽでバンバン」
3つのパーツがランダムに決まったピカチュウの絵柄と一致するカードを探して吸盤のついたシッポで叩いて取ります。
既に取った絵柄が出たら人の取ったカードも取れるのがポイント。
元は海外のゲームでポケモン関係なかったのですが、ピカチュウにしたのは可愛くていいですね。

IMG_0880


「ルイス・クラーク探検隊」
デッキ構築システムを取り入れた長時間ゲームで最近人気の作品。
子供が好きそうなタイトルの割にはガチなゲーマーズゲームです。

IMG_0885


「犯人は踊る」
犯人カードを持っている人を探偵カードで当てるゲーム。
ただし頻繁にカードの交換が入るのでどこにあるかを推測するのが大事。
アリバイカードがあれば犯人を持っていても嘘を付けたりするのが面白いです。

IMG_0893


「プエルトリコ」
ワーカーを配置して作物を作り、加工して、輸出して、お金を稼ぐ人気作。
段々建物が増えると出来ることが増えていくのが楽しいですね。
やりたいけどやれてないゲームの一つです…。持ってるのにな。

IMG_0897


「キャッスルパニック」
周囲から攻めてくる敵からお城を守りぬく協力ゲーム。
代理購入したのを当日引き渡したですが早速遊ばれていました。

IMG_0901


「ミューラ」
珍しい国産3人専用カードゲーム。JAGA監修。
うちにもあるのですが未プレー…。

BlogPaint


「コンコルディア」
また卓が立っていましたね。
こちらは4人以上での地中海マップ。

BlogPaint


「ファクトリーファン」
工場内に機械を配置し、必要なエネルギーを繋いで得点を稼ぐパズルゲーム。
どんどん機械は増えるので後から増えてもいいように考えて設置するのがポイント。
難しいです。

IMG_0913


「ソードアートオンライン アインクラッド攻略編」
アニメを原作にしたデッキ構築ゲーム。
限定生産だったので今になって高くなってます。

IMG_0917


「ファントムソサエティ」
壊された部屋の位置をヒントに幽霊が隠れている部屋を当てる推理ゲーム。
3人戦なので幽霊役が2人とハンター役が1人でした。面白かったです。



写真報告は以上になります。
自分もゲームしたりお子様の相手したりで動けないときがあったので写真撮り逃したゲームもありますが、
大体このようなゲームが遊ばれていたと参考にしてください。


以上で今回の報告終了とさせて頂きます。
ご来場の皆様、誠にありがとうございました。


次回開催は4/6(日)になります。
皆様のご来場お待ちしております。