end


2014年4月6日(日) 第2回 

場所:大和市勤労福祉会館 中会議室 
時間:9:00~21:00 
http://www.city.yamato.lg.jp/web/sangyo/kinpuku02.html 

募集人数:最大30人 
参加費:300円 

http://mixi.jp/view_event.pl?comm_id=6183448&id=75794914
TwiPla: http://twipla.jp/events/83419

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

第二回「杏談亭」終了致しました。

図らずしも都内神奈川だけで8個のボードゲーム会がバッティング、千葉も入れれば更に二つ。
前日雨で当日もやや雨模様。

ひょっとしたら人来ないんじゃないかと危ぶまれましたが、
蓋を開けてみれば、初回よりは少ないですが、お子様も入れて28名の方にご来場いただきました。
前回は初回補正もあって多めと思ってましたが、今回もこれほど多くの方に参加頂いて嬉しい限りです。

なお、28名中お子様は4名でそれぞれ3歳、6歳、6歳、10歳。
女性はお子様含め三名でした。

今回は前回の後半と同じく、中会議室をメインに、昼からは茶室を取りました。
茶室を使っていたのは一組だけで、その時中会議室は一卓空いていたので、
この人数なら中会議室で丁度収まり、余裕を見てもう一部屋取っておくのは大いにありかと感じます。
ただ茶室もそれなりに広いのでもうちょっと小さい小会議室でもいいかな。
和室もありますが階が違うので行き来が不便です。

前回の反省を活かし、入口横に受付を配置、ゲーム置き場を壁際に机2卓で準備しました。
ゲーム置き場はちょっと足りてなかったですがこれ以上卓は割けないので、鞄は机の下に置いて椅子の上にもゲームを置いていただければと。

二次会は前回同様バーミヤンで。10名の御参加。
バーミヤンの餃子が肉汁たっぷりでマイブームです。

IMG_0979
今回雨が予想されたので主催持込みは少な目。
お子様連れで来られるとのことで子供向けゲームが多かったです。
その分中量級がちょっと足りなかったです。やはりスーツケースは要るか…。


IMG_0990
大体こんな感じでやってますよ。



以下、写真報告になります。


IMG_0980
「シュティッヒルン」
メイフォローのトリックテイキング。
自分の下家にマイナス点を投げ込むちょっとSめなトリテですw。
ある程度トリテに慣れた人にはおススメ。


IMG_0982
「大家はつらいよ」
フリーゼの初期作がリメイクされました。
アパートを建てて店子を住ませて家賃を稼ぎます。
他人のアパートを爆破したり住民を抹殺したりと何気にバイオレンス。
このゲームプレイ中に会館スタッフのおじいちゃんが見学に来られて慌てましたw。


IMG_0983
「王と枢機卿」
日本語版リメイクが出た人気作。最近はどこの会でも見られますね。
二重の要素でコマの最多数を競う陣取りゲームです。
最初は分かりづらいかもしれませんが一度やるとすんなり理解できます。


IMG_0984
「5本のきゅうり」
これも最近どこでも見る人気作。
数が大きくなるようにカードを出す、または手札の中で最小を出して行き、
最後の1枚で一番大きい札を出した人が負けというシンプルなルールです。


IMG_0985
「トランプトリックゲーム」
ブルクハルトによるトリックテイキング。ブルクハルトらしくトリッキーです。
1人3トリックまでしか取れず、取ったトリックが次のラウンドの手札になります。
そのうえ次のラウンドの切り札が分かってる。ああもう書いてるだけで悩ましい。
こちらもトリテに慣れた方におススメの一品です。


IMG_0989
「サンマルコ」
ムーン作の人気ゲーム。未プレーですがやってみたいです。
陣取りなのかな。川に橋を架けるのが素敵です。
来月あたり届くので誰か遊んで下さいw。


IMG_0987
「秀才コースゲームけいさん」
毎回持ち込んでいます。大人も子供も熱くなれる名作レアゲームです。
早すぎても遅すぎてもダメなチキンレース。通称洗面器ゲームといいます。
ルールは動画を見れば一目瞭然!(宣伝)
http://gybgo.blog.jp/archives/3692809.html


IMG_0988
「ボトルインプ」
こちらもトリックテイキング。ボトルを受け取ってしまった人は得点がゼロになってしまいます。
色ごとの数字構成が特徴的。
ゆーさんが激しくうなだれてますね。やってしまったのでしょうw。


BlogPaint
「センコウハナビシ」
線香花火を模した国産協力バランスゲーム。
お子様ご兄弟含め皆でプレーしました。
落ちた瞬間の切なさが正しく線香花火のそれです。儚くも美しい。


IMG_0997
「モルゲンランドカードゲーム」
モルゲンランドをカードゲーム化!ってことくらいしか知りませんw。
モルゲンランドは評価が高いゲームなのでそちらもやってみたいですね。


IMG_0998
「ハートオブクラウン」
ドミニオンクローンの一つ。
お姫様を擁立して女王に仕立て上げるデッキ構築ゲーム。
一見萌え絵に見えますがゲーム内容自体は至極まっとうです。
自分はドミニオンよりもこちらが好き。バランスがいいです。


IMG_0999
「いかだ動物園」
提示された動物コマがいかだの穴に入りきるかどうか投票し、
誰かが無理だと答えたら行けると思った人たちで実際に並べます。
成功すればOK側に得点、失敗したらNG出した側に得点が入ります。
無理そうだと思っても実際にやってみると余裕だったり。目分量が難しいです。


IMG_1001
「インペリアル2030」
ゲルツによる重量級ゲーム。なんと4時間かかっていました。うわぁ・・・。
ロンデルシステムによる行動決定がゲルツの持ち味ですね。


BlogPaint
「ナビゲーター」
こちらでは同じくゲルツのロンデルゲームのナビゲーター。

ヨーロッパから長崎を目指しての船旅です。 
先ほどのゲームに比べたら軽く感じてしまいます。それでも2時間ですが。

 
IMG_1003
「ツォルキン」
重いゲームが目立ってきました。
歯車の回転によるワーカーの移動が特徴的なツォルキン。
3人プレーなのでダミープレイヤー入りです。
交ざりたかったけど我慢我慢。


BlogPaint
「街コロ」
サイコロ振ってお金を稼いで建物を増やす。定番の街コロ。
お子様vs大人でも勝負が成り立つのがボードゲームのいいところです。
とはいえ勝つには戦略も大事。
上手くコンボを決めた大人の方が勝利。


IMG_1006
「クラック」
サイコロ2個振って出た色と出た絵柄の組み合わせを早い者勝ちで取り合います。
磁石が入っているのでカチカチと取るのが気持ちいい。
ワイルド目が出た時のハチャメチャ感が病み付きになります。
小学校低学年のお子様には是非ともおすすめ。


IMG_1007
「おばけキャッチ」
カードをめくって色も形も一致するコマを取る、それがなければ色も形も描かれていないコマを取る。
慣れないと混乱しますが慣れてしまえば子供でもできる、むしろ子供の方が強かったりします。
手前の男の子はまだ難しいのでカードめくる係ですw。


BlogPaint
「バーンレート」
会社の社長になりマネージャーやクリエイターを雇い入れ、仕事をこなしてお金を稼ぐ。
稼いだお金は給料として社員に払います。足りないと会社がつぶれますよw。
無能な管理職ほど邪魔なものはいないという辛辣なゲーム…。
リアルすぎて胃が痛くなりそうですw。


ここで突然のお客様。
同じ建物で集会やってた在日カンボジアコミュニティのお子様。
ゲームやってるからお父さんがいいよって言ったらおいで、と声をかけたら来てくれました。
そのお父さんとはその前にちょっとお話済み。一緒に参加はされませんでしたが。
日本語喋れる子たちだったので対応は楽でした(在日なので当たり前か)。
所々カタコトなところが可愛かったですw。


BlogPaint
「おばけキャッチ」
とりあえずこちらもおばけキャッチを教えてみます。
初めてでやるにはちょっと難しかったかな。 
消去法ってのが掴みづらいんですよね。クラックの方がよかったかな…。


BlogPaint
「くるりんパニック」
というわけで直感的なゲームを。
電池式でくるくる回る飛行機に自分のメダルを落とされないようにタイミングよく弾きます。
弾き方によって思いもよらぬ動きをするのが楽しいです。
これは思った通りウケましたね。興奮しすぎて衝撃で自爆多々ですがw。
3歳の男の子も見た目の楽しさに喜んでバンバンやってました。ゲームにはまだ難しいね。 


満足したのか飽きたのか何人かの子は戻って行きましたが、気に入ったのかその後もちょちょっと見に来る子が一人。
また他の子を連れてきたり。妹さんかな。


BlogPaint
「お月様バランスゲーム」
『子供にボードゲーム教えれるならどこへでも行く』とまで言っておられるバンガードミッション主催の新井さん。
2歳から遊べる子供用ゲーム持ってきたよとのことでご教授お願いしました。
見た通りのバランスゲーム。サイコロ振って出た色乗せる。シンプルです。
これくらい小さい子でも遊べるゲームは持っておきたいですね。


IMG_1013
「おばけの階段」
サイコロを振って好きなコマを進めます。
最初は全部色が見えてるので自分のコマを進めますが、サイコロでお化けの目が出るとお化けをどれかのコマにかぶせます。
更に全部のコマがお化けを被った後にお化けの目が出たら、どれか二つのコマの位置を入れ替えます。
段々自分のコマがどれだったか分からなくなって、ゴールさせたら違うコマだったという結果もw。
こちらもシンプルで子供でも楽しめていいゲームです。


帰宅の時間とのことでカンボジアの子供らは帰って行きました。
少しでも楽しかった思い出として残ってくれれば嬉しいですね。
欲を言えばまた遊びに来てくれれば。親御さんの1人に名刺は渡しておきました。
こういったところから国際交流ができれば市としても喜ばしいですし。
在日外国人の多い神奈川なので少しでも交流に役立てたら嬉しいです。


IMG_1011
「ラブレター」
各国で多くの賞を受賞しているカナイファクトリーの国産同人ゲームです。
たった16枚のカードで行う駆け引きは運と戦略が絶妙のバランス。
このままドイツ年間ゲーム大賞も取るのではないかと専らの噂です。
是非とも期待したいですね。
また、そのシステムを使った別ゲームのロストレガシーもプレーされていました。


BlogPaint
「オトーリバース」
互いにお酒を勧めあってリバースした人が負けというなんともアルハラチックなゲーム。
先日和製キックスターターのキャンプファイヤーで出資募集して見事達成していましたね。


IMG_1015
「星々のあいだで」
キノさん持参でBGGに和訳は上がってるけど待てども待てども国内に入ってこないので海外から仕入れたとのことw。
曰く、簡略化した世界の七不思議とのこと。
手札ドラフトのゲームらしいです。面白かったらしいのでいつかやってみたいところ。


IMG_1017
「アンドールの伝説」
昨年ドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門を受賞した協力ゲーム。
城に襲いくる怪物を撃退しながら指令の達成を目指します。
プレイヤー同士の協力攻撃が大切。
ギリギリのバランスが絶妙です。


IMG_1018
「サッカラ」
プレーされた方曰くあまりバランスがよろしくなかったようで。
数時間かかったと思ったけど見返したら90分で終わってたとのことw。
まぁそんなゲームもあるのがボードゲーム。一期一会です。


BlogPaint
「妖精奇譚」
手札から1枚取っては残りを隣に渡すハンドドラフトゲーム。
6歳の女の子からリクエストがかかってみんな驚いてました。
アプリでよくやってるらしいです。本物は初プレーとのことで喜んでました。
惜しくも1点差で負けとのこと。将来有望な6歳です。


IMG_1021
「ゲシェンク」
初参加でボードゲーム経験浅い方と、浜log常連で最近ボードゲームできてなかったらしいゆーこさんが来たので軽いゲームを。
山札からオープンされたカードを手持ちのコインを1枚払ってパスするか、
集まったコインと共に引き取るか。
引き取ってしまったらその数字分マイナス点になりますが、連続した数字を引き取ればそのうち一番小さい数字のみしかカウントしません。
自分の持ってる数字に連続するカードが出たら、できるだけ周りにコインを出させて得しましょう。
ただし欲張りすぎると誰かの手持ちコインが尽きて先に取られてしまうことも。
その引き際を見極めるゲームです。熱い!


IMG_1022
「スシゴー」
海外産の寿司ゲーム。
こちらも手札から1枚取って残りを隣に回すハンドドラフトゲーム。本日3つめ。
海苔巻きは一番多く集めれば点数が貰え、てんぷらは2つ集めれば5点。
ワサビは上に握りずしを乗せれば点数が三倍になります。
3ラウンドで一番点数を集めた人が勝ちです。シンプルでいいゲームですよ。


IMG_1023
「ボーナンザ」
同じ種類の豆を集めて植えて収穫し、お金を稼ぎます。
手札の順番を変えてはいけなく、手札は基本的に前からしか使えないというオリジナリティあふれるルール。
他の人と交渉が可能で交渉中のみ手札の順番制限が外れるのがミソ。
お互いにWIN-WINな交渉が飛び交う気持ちのいいゲームです。


IMG_1024
「BIRTH」
最初に全員手持ちのサイコロをまとめて振って、それを一個ずつ選んで使っていくすごろくゲーム。
止まったマス目による得点と、各マスでの数字の合計による得点があり戦略的です。
止まった場所に既にある同じ目を振り直すのが運の要素を入れてバランスを取っています。
上級用ルールもあるので試してみたいところ。


IMG_1025
「テラミスティカ」
重量級ゲーム、ですが二人プレーだったので結構サクサク終わった模様。
BGGのゴールデンギーク賞も取るほど人気のゲームです。
当然ルールも複雑ですが…。


IMG_1026
「なつのたからもの」
クニツィアのノミのサーカスのリメイク。
ママダユースケさんによるイラストが非常に味があっていいです。
山札からカードをめくり、並んだ中から1枚取るか、更にめくるか。
同じ種類のカードがめくれたら手番が終了してしまうので引き際を見計らいましょう。
得点システムが非常に秀逸です。


IMG_1027
「シャドウハンターズ」
リクエストがあったので持ち込みました。人気の国産正体隠匿ゲーム。ドイツ語逆輸入版です。
初プレーの方が多かったのでインストだけして6人プレーしてもらいました。
人狼とヴァンパイア、人間に分かれて自陣営の勝利を目指します。
最初は誰が味方で誰が敵かも分からない中、カードの効果や他の人の行動で陣営を把握し、
自分の勝利条件達成を目指します。
今回はヴァンパイア陣営が人狼陣営を全滅させて勝利したようです。 


IMG_1028
「ワンパム」
インディアンライクなカードゲーム。
評価は高いですが未プレーです。競りゲーらしいですが。


BlogPaint
「鮭の遡上」
川を遡る鮭のゲーム。なんとデッキ構築ゲームです。
非常に珍しいテーマです。


IMG_1030
「王と枢機卿」
三人で時間があったので自分も含め再度立てました。 
二度目のプレーですがやはり面白いですな。負けましたが…。


IMG_1031
「ゴールド」
シャハトによる3人専用カードゲーム。
こちらも未プレーです。持ってはいるのですが…。


IMG_1032
「バザリ」
やってみたかったので入りました。先日カードゲーム版はやりましたが、元のこちらをやってなかったもので。
シュタウペによるバッティングゲーム。相手のいるマスから相手の行動を予測してアクションを選びます。
アクションがバッティングしてしまったら交渉でどちらかが宝石を渡して引いてもらいます。
非常に面白かったです。やはりカードゲームよりもバランスがいいですね。
これも後日届くので希望の方は遊びましょう。


IMG_1033
「じゅうたん商人」
古いゲームですが、人気があり希少です。やってみたかった…。
競りゲーとのことですが、その競りシステムが秀逸とのこと。気になります。


BlogPaint
「キャッシュ&ガンズ」
せーのでお互いに銃を突きつけて勝負を降りろと相手を脅すゲームですw。
これも人気作ですが未プレーなのでやってみたいですね。
スポンジ製の銃が素敵。


IMG_1035
「バグズと仲間たち」
名前だけ知ってますが内容は知らず。
見てたところ、リアルタイムの神経衰弱みたいなタイル集めかな。
アッフェンラッフェンに近い感じがしました。


IMG_1036
「髑髏と薔薇」
定番のブラフゲーム。
場に出された薔薇の枚数を予想し、めくる枚数を宣言します。全て薔薇をめくれば得点。
時には髑髏を出しながら数を宣言するのがポイント。そんな騙し合いと読み合いです。



以上で第二回「杏談亭」終了です。
皆様十分にお楽しみいただけたでしょうか。


今回の収穫としてはカンボジア人の子供たちにボードゲームを紹介できたのが嬉しかったです。
今回紹介とのことで参加費は取りませんでしたが、子連れで来てる方からは参加費を頂いている反面、 同じ扱いをしてしまうと申し訳ないので、
主催自身が持ってきたゲーム限定という縛りをつけて紹介いたしました。
新井さんはご自身の希望で紹介をしていただいたので少々例外ですが。
また、ジュースやお菓子の飲食も参加費を払って参加されてる方専用となっていますので、ご理解いただければ幸いです。
毎回麦茶が余ってますので皆さんもっと飲んでいいですよw。
ただしゲーム卓への持ち込みは禁止してますので所定の場所でお願いしますネ。


ではここらで失礼します。

次回は4/29(火・祝)の開催です。 
なお7月の予定まで決まっていますのでまた上げて置きます。予定ページをご覧ください。 


ではでは。